悲しい争族の実例

兄弟姉妹は仲良く暮らしたいもの

実際にあった相続が争族になってしまったお話です。

長男(既婚、子どもあり)

長女(既婚、子どもあり)

次男(既婚、子どもあり)

三男(独身)

 

すでに、両親は他界しており、独身の三男が がんで、闘病生活の末、亡くなってしまったときのことです。

争族の対象になってしまったのは、三男がかけていた保険金。

三男が入っていた保険は全部で5件。三男は独身であったため、受取人を既に亡くなっている母親のまま、

受取人変更をしていない契約があったのです。

①終身保険+三大疾病一時金+医療保険(保険料払込免除特約付)⇒受取人が母親  4000万円

②年金保険⇒受取人は長男                            600万円

③終身保険⇒受取人は長男                           1000万円

④定期保険+終身保険⇒受取人は長男                      1000万円

⑤終身保険+医療保険⇒受取人が母親                      1000万円

 

この場合、どういうことが起きるのか?

まず、受取人が長男の契約に関しては、請求権は長男にあります。

なので、長男に支払われます。

では、受取人が母親になっているものは? どうなると思いますか?

保険会社からの指示は、

死亡保険金請求書の裏書に 法定相続人全員の署名捺印 + 印鑑証明書

さらに、それが揃った時点で 代表者に支払われることになるとのことでした。

このご兄弟は離れて住んでいたので、顔を合わせることはほとんどなかったとのこと。

さらに、長男には、数千万円の保険金受取人にしていしてたのが、長女と次男には保険金受取人には

していませんでした。 そこで、均等に分けて欲しい、ということになったわけです。

 

結局、このご兄弟の場合は、それぞれが弁護士を代理人にたて、相続が争族になってしまったわけです。

また、入院費や、一時金の請求もしていなかったため、その入院給付金も含めて争うことになりました。

 

さらに、母親が受取人になっていたものに関しては、母親が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本をすべて

保険会社に提出しなければならないというものでした。

 

ご自身が どんな保険にいつ、加入して 受取人が誰になっているのか?

確認した上で 確認しなければならないことってたくさんありますね。

そもそも、独身でこの保険金額は多額ですね?

保険の営業に誘われるままに、入りすぎてはいませんか?

弟さんがお亡くなりになったこともそうですが、ご兄弟の争いが悲しいかなと感じた出来ごとでした。

 

保険証券の解説も お気軽に申しつけください。

みんなが幸せに生きるために。

 

相続診断士 杉本 恵子

https://www.sakura-k.tokyo/profile/

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です